AGAで悩んだらドクターズヘア導入病院・クリニックへ

0120-79-1082 総合電話受付 10:00~19:00

発毛を阻害する原因

脱毛の原因 AGA(男性型脱毛症)画像

男性ホルモンの作用

AGAを発症する最も大きな要因は男性ホルモンの作用だといわれています。
この男性ホルモンには体毛を増加させる働きがある反面、頭髪の伸びを抑制する働きがあるためAGAの主要因として位置づけられています。AGAの主要因「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、男性ホルモンに含まれている筋肉増大、蛋白同化作用の促進、体毛の増加の作用がある「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素によって変換された物質で、発毛サイクルに悪影響を与える物質であることがわかっています。そのためAGAが原因で脱毛した場合の毛根部分には、この変換された「ジヒドロテストステロン」が多く見られます。

遺伝

いわゆる「ハゲは遺伝する」というのは正確な表現ではありません。 AGAの原因には遺伝的要素も大きいと考えるのが妥当なものの、これもやはり男性ホルモンなどのバランスが親から子へと遺伝するためであり、「ハゲが遺伝」しているわけではなく結果としてAGAを引き起こすよう因果が遺伝してしまっているに過ぎません。
とはいっても母親が薄毛の場合は3/4の確率で、父親がAGAなどで薄毛の場合は1/2の確率で子供が薄毛になるというデータもあり、このデータからもAGAには遺伝的要素があることは明確なのかもしれません。

現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足など)

男性ホルモンの作用や遺伝的要素のほかにも、ストレスや生活習慣の乱れといった、いわゆる現代病はホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまい、発毛を阻害してしまうと考えられています。
ストレスは仕事などから起こる神経の疲れや、十分な休息が取れないな場合などに溜まりがちになります。また、AGAに悩むこと自体がストレスとなり、負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくありません。特に規則正しくバランスの取れた食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康にとって重要なファクター。中性脂肪、コレステロールの多い食事をし続けることは血液粘性の増大を招き、頭部の血行不良を引き起こすことに。頭皮の栄養状態が悪くなると毛髪の栄養状態に直結してしまい、脱毛を引き起こす原因になってしまいます。過度なダイエットや偏った食生活は、頭皮にとっては非常に避けたい行為といえます。

  • AGAとは
  • AGAの原因
  • 発毛を阻害する原因
  • AGAの発毛対策

ページトップ

AGA治療をお考えの方へ。各分野の専門医が、髪の悩みを総合的に解消します。

誰でも手軽にできると思われがちな抜け毛対策。しかし、安易な自己判断による抜け毛対策は、頭皮・頭髪の状態を無視することが多く、かえって状態を悪化させる可能性があります。AGA治療(発毛治療)を本気でお考えなら、まずは医師、カウンセラーに相談することが解決への近道です。
※AGA治療(発毛治療)は保険適用外の自由診療になります。

AGA治療に不安をお持ちの方を対象に、メール・電話による総合受付をご用意しています。お気軽にご相談ください。

  • 来院のご予約
  • 無料メール相談
  • お電話:0120-79-1082 総合電話受付10:00~19:00